Events around Cafe La Vida

Stone Temple Pilots at Liquid Room
Music

Stone Temple Pilots at Liquid Room

Monday 19:00 (02 July)
Ebisu Liquid Room, Shibuya-ku

Dreamtrips - Venture from Tokyo to Mt. Fuji
Sport

Dreamtrips - Venture from Tokyo to Mt. Fuji

Sunday 14:00 (17 June)
グランドプリンスホテル新高輪 Grand Princehotel NewTakanawa, Minato-ku

Veggy10周年アニバーサリーフェスティバル
Art

Veggy10周年アニバーサリーフェスティバル

Sunday 11:00 (10 June)
渋谷東武ホテル/Shibuya Tobu Hotel, Shibuya-ku

Kamelot in Tokyo - Japan
Music

Kamelot in Tokyo - Japan

Wednesday 19:00 (28 November)
Shibuya O-East, Shibuya-ku

Lalo Cello Concerto, Debut Yomiuri Nippon Symphony, Yamada
Music

Lalo Cello Concerto, Debut Yomiuri Nippon Symphony, Yamada

Tuesday 19:00 (08 January)
Suntory Hall, Minato-ku


Yacel Sagarra Live with Moises Zamora & Satoshi Kaseda

Yacel Sagarra Live with Moises Zamora & Satoshi Kaseda


When?

Start time: Friday 20:00 (18 May)
End time: Friday 22:00 (18 May)

Where?

Cafe La Vida
渋谷区広尾5-2-26 M2ビル広尾 B1F, Shibuya-ku
Music

About

大阪を中心に活躍中のキューバ人シンガーソングライターYacel Sagarraが、今度は強力な助っ人を伴い当店に再登場です!
昨年の秋のイベント告知後驚異的なスピードでキャンセル待ちになってしまった東京初ソロライブでの熱狂が記憶に新しいですが、今回は当店でお馴染み、キューバ音楽界の新星Moisesと日本を代表する実力派パーカッショニストSatoshiとがっつりタッグを組み、類稀な音楽の才能を”持った”ドリームトリオで、アフロキューバン、ボレロ、ボサノバ、バチャータ、メレンゲなどコンポーザーとしての才能も全開で垂涎ものの極上ライブとなること間違いなしです!

ご予約は、お名前と参加人数をこちらにメッセージを頂くか、お店に直接お電話(03-3444-2525)いただくか、cafelavida@blueglobe.jpにメールをお願いします。
日時:5月18日(金曜)open 18:30 start 20:00
場所:CAFE LA VIDA
ミュージックチャージ:3000円

ジャセル サガーラは1987年10月サンティアゴ デ クーバに生まれる。幼少の頃から芸術に興味を持ち始める。
音楽が趣味の父親の影響で、パーティーや歌、ダンス、そして歴史に囲まれる環境に育ち、それが知らず知らずに彼の才能を形成してゆき、11才の時には最初の曲をハーモニー楽器を使用せずに作る。彼が唯一持っていたのはインスピレーションだった。メロディーやアレンジ、細かい部分まで録音しなくても記憶することが出来た。彼の創作過程に物の助けは必要なかった。
1999年さらなる進歩を求め文化センターに通うようになり、2003年には14才で芸術の教育学校に進学、本格的に学ぶ。そこではギターやピアノ、キューバの打楽器の演奏を習得し、音楽と創作の能力を際立たせ、音楽専攻の学位を取得する。
常に独自の音楽性を模索し、様々なプロジェクトを立ち上げる。
実験的なものや小さなもの、オーケストラ、キューバの伝統音楽のグループ、アーバンミュージック、ダンスミュージック、その他の形態。それらは全て彼を形成し経験となる。
その中で代表的なのが、D'trova(Trova alternativa)、5to"Nico Saquito"、"Duo Ex corde" そして"Son de K.libre"である。
2012年にハバナに移り、そこで国際的に著名なアーティスト達と共演する。サンティアゴ デ クーバでもマスコミに取り上げられた経験はあったが、ハバナでのテレビやラジオ、新聞への露出は全国的なものだった。
2年後、日本に移り、そこで新たな段階を迎える。彼の向上心や才能を集結させた最も重要なプロジェクトMaquina de Arteで、プロデューサー、ソロミュージシャンとしての才能を開花させる。