Rie 'Lee' Kanehira 'Lee's Boogie' 関西公演 大阪南森町 シカゴロック

Rie 'Lee' Kanehira 'Lee's Boogie' 関西公演 大阪南森町 シカゴロック


When?

Start time: Tuesday 19:00 (13 February)
End time: Tuesday 22:00 (13 February)
Music

About

【Lee's Boogie 関西ツアー決定!】

11月に発売されたソロアルバム Rie Lee Kanehira ''Lee's Boogie''をひっさげての西日本ツアー関西公演。
最終日、大阪南森町Blues&Soul Bar Chicago Rock

Lee's Boogie ついに南森町に上陸。
共演陣もChicago臭ブンプンでお届けします!

直送Chicago Blues Pianoの醍醐味を是非体感してください!

共演/南あや子 on Alto Saxophone from OSAKA ROOTS
/ヨシ水野 on Guitar

19時オープン
20時スタート
チャージ 2500円+500円ドリンク

本公演中は、店内全面禁煙とさせていただきます。ご了承ください。
各会場で発売されたソロアルバム販売します。

Lee オフィシャルホームページ
https://leebluespiano.wordpress.com/

Rie Lee Kanehira プロフィール
(ホームページより抜粋)

福岡県田川市出身。

幼少の頃よりクラシックピアノを学び、音大卒業後にブルースと出会う。以来独学でブルースピアノを学び、2004年に福岡のブルースバンドで活動を開始。2008年からは毎年シカゴを訪れ、現地のミュージシャンとのセッションに精力的に参加。

現在は活動拠点を関東に移し、定期的なソロ活動の他、永井ホトケ隆、Kotez、小出斉、菊田俊介を含む国内外のミュージシャンとのライブを重ねている。2014年、シカゴにて交流のあるプレイヤー達とのセッションを収めた自身初のソロアルバム”THE UNION MEETIN’”をリリース。2016年にはBilly Flynn(g)とのデュオでシングルレコード盤を制作、そして2017年11月にピアノソロ演奏を収録したアルバム”LEE’S BOOGIE”を発表した。また、blues.the-butcher-590213や、Shoji Naito、The Cash Box Kingsなど国内外ミュージシャンのアルバムレコーディングに参加。今では数少ないトラディショナルなシカゴスタイルを弾く女性ブルースピアニスト。

影響を受けた主なピアニスト

Leroy Carr, Big Maceo, Otis Spann, Memphis Slim, Pinetop Perkins, Barrelhouse Chuck