Events around 英治出版

RedBedRock at Ebisu What The Dickens
Music

RedBedRock at Ebisu What The Dickens

Friday 21:00 (13 April)
What the Dickens, Shibuya-ku

Grand /Takeshi JONOO Exhibition
Music

Grand /Takeshi JONOO Exhibition

Wednesday 13:00 (21 March)
Gallery and Shop 山小屋, Shibuya-ku

電話予約のみ受付】6月6日は秋田県新政6号酵母の日
Art

電話予約のみ受付】6月6日は秋田県新政6号酵母の日

Wednesday 19:00 (06 June)
秋田純米酒処 Akita Pure rice Sake Dining 恵比寿店, Shibuya-ku

大人のBetter Days
Music

大人のBetter Days

Sunday 18:00 (25 March)
bar YaYa ebisu, Shibuya-ku

My Favorite Soul
Music

My Favorite Soul

Thursday 21:00 (12 April)
EBISU Batica, Shibuya-ku

ハナパーティー vol.2
Music

ハナパーティー vol.2

Sunday 17:00 (08 April)
EBISU Batica, Shibuya-ku

Cradle of Filth in Tokyo
Music

Cradle of Filth in Tokyo

Tuesday 18:00 (01 May)
Ebisu Liquid Room, Shibuya-ku


2/15 | Ashoka U CMC Briefing Session

2/15 | Ashoka U CMC Briefing Session


When?

Start time: Thursday 18:00 (15 February)
End time: Thursday 21:00 (15 February)

Where?

英治出版
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 4F, Shibuya-ku
Music

About

今回の集まりでは、Ashoka U Changemaker Campus(CMC) の取り組みを紹介します。
-
Ashokaは、社会をより良く変革する人材を輩出する孵卵器となることを目指すリーダー少なくとも3人が率いる大学を見つけ出し、その共通の志と目的を持つ大学のグローバル・ネットワークを構築しています。2017年11月までに米Brown大学、 米Cornell 大学、米Johns Hopkins大学、米Claremont KcKenna大学、加Laurell大学、英Northampton大学などを含む8カ国45大学のネットワークが生まれています。
-
つきましては、2月15日(木)米ワシントンのAshoka U CMCチームのスタッフ、ニメシュ・ギミア Nimesh Ghimire を日本に招聘しブリーフィングセッションを開催することにいたしました。ニメシュ は、Ashoka U CMCの認証を受けた大学の認証更新のディレクターを勤めています。当日は、ニメシュと参加なさる皆さまとの対話を想定しています。
-
目まぐるしく変化する時代の教育の目的は?どんな人間を輩出するのが高等教育の務めか?そのためには大学は何をすれば良いか?という切実で喫緊の課題を皆で考える時間をつくり出したいと思います。

==================================
日時: 2/15(木) 18:00-21:00
会場:英治出版5階ラボ
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F
地図:http://www.eijipress.co.jp/about/access.php
言語:英語 & 日本語
参加登録フォーム:https://goo.gl/forms/fr1fQstb8Bngmu4R2
定員:25名
参加費:2000円 (軽食&会場代)
=================================
講演者:Nimesh Ghimire(米ワシントンのASHOKA U Changemaker Campusチームの契約更新ディレクター)                      
対話者:参加の皆さま全員との対話を想定しています。これからの教育の目的は?どんな人間を輩出するのが高等教育の務めか?そのためには大学は何をすれば良いか?という切実で喫緊の課題を皆で考える時間をつくり出したいと思います。
-